読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しい、嬉しいコト

 考えや日々の記録をとってみよう。 主にワイン。で、`ひとまず備忘録`

リスタン・ブランコについて調べてみた

カナリア諸島のワイン、

リスタン種の白ワインを飲みました。

 

 

ところで、カナリア諸島のワインといえば、

主要ブドウ品種は Listán リスタン種。

 

白ワイン用には、白ブドウ品種のリスタン・ブランコ。

赤ワイン用には、黒ブドウ品種のリスタン・ネグロ。

 

カナリアだけの独自の品種ということで、

それだけは、かすかな記憶で覚えていましたが、

実際飲むのは初めて!

 

f:id:iirio:20160604210055j:plain

 

Viña Bodega MATÍAS i TORRES

LAS MACHUQUERAS  2014

D.O.La Palma

 

生産者名: マティアス・イ・トーレス

ワイン名: ラス・マチュケラス

地域: D.O.ラ・パルマカナリア諸島 / スペイン

品種: リスタン・ブランコ種

 

裏ラベルを見てわかったのですが、

このワイン名は、ブドウ園名(区画名)のようです。

f:id:iirio:20160604210830j:plain

 

樹齢は40-120年、

土壌は火山礫のようです。

Volcanic Type "Picón"

と書いてありますね。

 

ブドウ栽培は高地で、自根(※)ということを書いてあるようです。

 ※フィロキセラ害がなかった、ということですね。

 

f:id:iirio:20160604210958j:plain

生産本数は2950本、、、ということかしら。

 

■テイスティングしてみました

 

今回初めて Listán blanco リスタン・ブランコ(白)のワインを飲みました。

机上で覚えただけの品種名。

さあ、どんな個性なのだろう!

 

f:id:iirio:20160604201843j:plain

色調は濃い麦わら色ですね。

画像の右側(ボトル寄り)のグラスがリスタン・ブランコです。

 

比較するために左側に Albillo criollo アルビーリョ・クリオーリョカナリアのアルビーリョ種)のワインを並べてみました。

比べると、リスタンブランコは黄色が濃いですよね。

 

香りは、色調から想像できる通り黄色いフルーツ、

甘味を伴ったトロピカルフルーツのような香り。

大振りな花の華やかな香りも。

 

なるほど~

 

ゴクッ。

味わいも、色調、香りから想像できる通り、

酸味穏やかでアルコール感からくる粘性の甘味が口中を占めます。

甘くはないですけど。

酸がニュートラルなタイプですね、南の酸、、

うーん、、、例えば、南イタリアとか地中海の島の白とか、、、

Malvasia マルヴァジアみたいな!! そういう特徴が、、、。

 

 

 

■リスタン・ブランコとは?

 

気になって調べたら、Palomino パロミノのシノニムらしい!!

 

ああ!なるほど! 試飲して南の白っぽいと思ってたけど、

マルヴァジアじゃなくて、パロミノか~!!

納得できる味わいでした!

 

カナリア諸島ではリスタンと言うそうで。。。

 

パロミノといえば、シェリーの品種として有名ですね。

スペイン南部のアンダルシア地方。

 

ということは、

アンダルシア地方からブドウ【パロミノ種】が

カナリア諸島に運ばれてきて、カナリアの気候風土に沿って

カナリアのパロミノ、リスタン独自になったのでしょうかね。

ルーツはアンダルシアのパロミノってことで。

 

と、今のところの解釈です。

一応いろいろ調べての状況まで。

興味をそそる地域の品種なので、

また更に追及して調べていきたいと思っています。