美味しい、嬉しいコト

 考えや日々の記録をとってみよう。 主にワイン。で、`ひとまず備忘録`

ブラインドテイスティング3種

f:id:iirio:20160506214319j:plain

久しぶりのブラインドテイスティング、3種類。

といっても、輸入元、生産国は察しがついた上なので、

絞り込んで当てなければ。

 

①左(グラスリングなし):

これはトップノーズですぐ解る!テンプラニーリョ種だっ!

スワリングしていくと、カベルネ系の香りもほのかにしてきたので、

テンプラニーリョ主体にカベルネ・ソーヴィニヨンが少し入っている造り、

そういうのを造っているのは、、、リオハかリベラ・デル・ドゥエロかナバーラか、、、

と、産地を限定していくと、、、

Als Mitica(このワインはコチラ)】にしては、そこまでの上品さがなく、

もっと若い果実味の濃縮感がギュッとしてて、、、

う~ん、、Miticaミティカじゃないなあ~

 

 

 

②真ん中(ピンク色のグラスリング):

これは酸味のあるものを想像させる香り。

青い果実、若い、かたい、、、ブルーベリーのような香り。

 

味わいは、酸味とタンニンが感じられ、甘味はさほど感じられない、

ということで、北部、ガリシアエスパデイロローレイロのような品種か??

と、ひとまず想定。

 

しかし、だんだん乾いた香り、乾いた馴染のあるニュアンス、、

ああそうだ!このドライな感じ!これは、カリニェーナ種のようだ。

 

ということで、時間経ってみて、

ガリシア地方の品種の個性はやはり感じられず、カリニェーナに絞ってみた。

ということは、カタルーニャ地方で。

 

ここで生産者とワイン名を絞り出したかったんだけど~(悔しい、、、)

 

 

③右(黄色のグラスリング):

あ!好き!馴染みある、よく飲むタイプの香りだっ!

ってことは、、、メンシア種かガルナッチャ種か~~??

うー、、、旨み的な香りの凝縮感。

でも、、、酸がそんなに高いわけでもなく、、、(メンシアじゃなさそう、、、)

と、悩んでいると、、、アフターに果実の甘味のギュッとくるような、、、

エレガント系ガルナッチャか、、、

それにしても美味しいなあ~

 

 

と、久しぶりに五感を鍛える時間。

・・・

もうお店のスタッフがしびれを切らして、ここで種明かし。

 

 

①左(グラスリングなし): ⇒モナスティル・クルニー2012 ※ワイン詳細⇒☆☆☆

 

 

②真ん中(ピンク色のグラスリング): ⇒コマブルナ2011 ※ワイン詳細は☆☆☆

     

③右(黄色のグラスリング): ⇒ 1500ml コマブルナ2010(マグナムボトル)   ※ワイン詳細は⇒☆☆☆

 

 

まあまあ、近い線かなっ^^;

 

それにしても、コマブルナ2010のマグナム、美味しかった~!

同じワインでも1年違い、とはいえフルボトルかマグナムボトルかの差は大きい。

さすがにマグナムは美味しいのだなあ~、旨みの凝縮度合いが違うっ!

あらためて実感です。

 

とはいえ、2011年のコマブルナも美味しい。

これからまだまだ旨くなっていくということが、

同時にテイスティングすることで 感じることができました。

f:id:iirio:20160506222729j:plain