読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しい、嬉しいコト

 考えや日々の記録をとってみよう。 主にワイン。で、`ひとまず備忘録`

生牡蠣と赤ワインの組み合わせが美味しい、そのコツは。

生牡蠣と赤ワインは相性いい、その時のコツは、、、

 

 (前回の記事からの続き)

赤ワインをグラスで頼んで牡蠣を楽しみました。

軽く火を通して中身がレアな牡蠣。とっても美味しかったです。

f:id:iirio:20160424140833j:plain

 

この組み合わせは、実はフランスのボルドー地方では有名。

ボルドー地方は西側が大西洋に面していて、

牡蠣(かき)の名産地でもあり、

ボルドー地方では赤ワインと生牡蠣を合わせるそうです。

ソーセージを添えてね。

そこにパンを交互に食べる。

そしてもちろんボルドー産の赤ワインです。

 

ソーセージがあることで赤ワインと牡蠣とのバランスをとりますし、

海のミネラル、ヨードたっぷりな牡蠣は、

赤ワインと相性いいそうです。

牡蠣って味わい強いですしね。

 

または例えば赤ワインと生牡蠣を合わせる場合は、

生牡蠣に赤ワインヴィネガーをかけて味付けするとかね。

 

 

牡蠣とワインに関しては、いろいろ書きたいことがあるのですが、

またいつか。

 

「生牡蠣にはシャブリ(レモン絞る感覚で、酸味のある白ワインで)」

なんていうフレーズは昔に聞いたけど、

 

牡蠣の料理法(生か火を通すか、さらには味付けや付け合せ等)で、

合せるワインも幅が広がりますので、

いろいろ楽しみたいですね。